イチの中学受験2023

ADHDボーイの学習記録

【SAPIX:4年】11月度マンスリー確認テスト結果

テスト結果とコース昇降

先月のマンスリーテストはイチの得意科目の算数が振るわず、校舎の基準点も高めだったのでギリギリでのコースキープだったものの、今月は算数が復調したので少し余裕をもってのコースキープになった。

とはいっても中規模校。大規模校の基準点の厳しさに比べたらだいぶ穏やかだ。

 

過去からの成績推移はこちら

 

算数

偏差値70~74

 前回の反省から算数に割く時間を増やし、苦手そうな気配があるところはテキストの復習+市販教材から類問をピックアップして色々な問題を解かせるようにした。

イチは算数の問題に触れる時間が少ないと、計算能力が鈍るように思う。

最近些細な計算ミスが多かったのが多少は改善されたものの、今回も大問4までにミスがあったのが残念。

これがなくせたら、と思うけどADHDの不注意もあるし難しそうだ。

 

国語

偏差値60~64

今回は国語を振り返る時間がまったくなく、テスト当日に言葉ナビをざっと眺めたくらいしかできなかった。

勉強に取り掛かるまでにだらだらしすぎているから時間がなくなる。

今回は選択肢問題が2問間違いで、ひとつは正答率80%超だった。

物語の登場人物の感情を読みとく問題だ。

家で解き直しをした時にも間違えていて、イチにとってはまったく理解できないタイプの登場人物であったらしい。どうしたものか。

記述の採点が前回よりも厳しくなったという噂だけど、前回も0点だの2点だので伸びしろしかない状況だったから、今回は前回より記述点は良かった。

1/3の得点でも、イチにすれば上出来。

 

理科

偏差値55~59

引き続き自走させた結果、理解の甘い場所があって前回よりミスが目立った。

点数的にそれほど悪いわけでもないとは思うものの、理科は平均点が高いので偏差値は60に届かず。

前回より成績が下がってるのにサポートは不要だというので、もうしばらくは見守る方向。

 

社会

偏差値55~59

社会も前回の偏差値には届かず。

でも以前よりは社会の問題の解き方というものがわかってきた感があるし、間違えたところもイチなりに思考した結果なので、引き続きAnkiを使っての今の勉強法でいく予定。

 

社会の問題作例

 

加えて幅広い知識を身に着けて欲しいので、Twitterのフォロワーさんを見習って単元を掘り下げられるような関連本を図書館で借りてきて読み聞かせをすることにした。

昨日さっそく魚の食育本から始めたところ、途中で逃げ出すかと思っていたら、嬉しそうに最後まで聞いていたので、しばらく続けてみようと思う。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村