イチの中学受験2023

ADHDボーイの学習記録

【SAPIX:4年】夏期講習初日

夏期講習までの準備

この夏は社会の基礎の穴埋めをしようということで、夏期講習前の準備として、日本の地理の範囲である社会のテキスト11~18までの復習を終わらせた。

といっても14~18まではこの前の復習テストの範囲だったので(そして復習したにも関わらず成績はいまひとつだったが)復習テスト後に11~13もやり直した形だ。

白地図トレーニング帳を併用しての地名の暗記も進めている。

まだまだ色々と覚えきれてはいないものの少しずつ理解は深まっていて、漸く雨温図からどの地域の気候であるか見分けることができるようになってきた。

そうやって理解が進むと少しは面白くもなってきたようで、一時期下がってた社会学習への意欲も盛り返したようだ。

もちろん、それですぐに成績が向上したりするものではないだろうけれど。

夏期講習での社会の単元は『日本各地の旅』、各地方の産業などについてさらに理解を深める内容だ。

産業はその地域の地形や気候と関連することなので、復習と合わせてしっかり記憶を定着させていってもらいたい。

 

国語の要

夏休み中の自主学習用に渡された国語の要。

夏期講習前に渡されていたのもあり、こちらも少しずつ進めている。

<知識力>と<読解力>の二種類があるが、特に知識力の方は夏休みの間に2~3週繰り返すことを推奨されているのもあって早めに取り掛かる必要があった。

今日までに知識力は第6回、読解力は第2回まで進めてはいるが、知識力はポロポロ間違えているので確かにこれは繰り返し学習が必要だ。

イチはそれほど漢字が苦手ではないはずだけど案外書けない漢字が多いし、音訓読みも描き順も全然覚えていなかった。

夏期講習の間には定期的に知識力のテストがあるので、満点を目標に頑張ってもらいたい。

 

夏期講習初日の復習

季節講習は連日授業だから、復習は授業を受けたその日のうちに効率良く済ませたい。

しかしイチはADHDの例に漏れず「先延ばし癖」と「時間間隔の鈍さ」を持つ子なので、これがなかなかにハードルが高い。

なので本日分の復習の範囲は最初から絞り込んだ。

 

まず算数の復習は割愛。

奇数ページ+夏の応用力まで授業で終わらせて全問正解だったので、偶数ページは8月終わりのマンスリー前に取り組むことにした。

途中までしかやってなかった計算力コンテストの残りは平日にまわす。

理科は今日やる分はポイントチェックだけにしたのに、イチが途中で脱線するので1時間以上もかかってしまった。

なぜケラについて調べだすのか。ミジンコの絵を多面的に描き始めるのか。

いや、色々調べたいことがあるのは決して悪いことではないけれど、今やることじゃないだろがー!と叱りたいのをグッとこらえるジレンマ。

それで結局、国語は授業でやらなかった分の問題を全て終わらせることができなくて、半分くらいは明日の朝に回さないといけなくなった。

 

予想はしてたけど初日からグダグダだ。

今年は新型コロナのおかげで夏休み期間が短く、8月中も平日に学校があることを考慮してSAPIXの夏期講習は基本的に土日に入っているものの、お盆期間だけは5日間連日で夏期講習になるので絶対に復習が追いつかなくなる自信がある。

今から気が重い。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験 2023年度(本人・親)へ
にほんブログ村